愛犬の暑さ対策は万全に

夏の猛暑が、毎年話題になっています。それと比例して、犬の事故も増えています。大切な愛犬を暑さから守る対策について考えます。

暑い日の散歩は注意が必要

昨今の温暖化で夏の気温が年々上昇しています。高温注意報がでるような日の犬の散歩は特に注意が必要です。日中の散歩を控えるのはもちろんですが、夕方になってからの散歩でも注意が必要です。日中の熱を蓄熱したアスファルトが犬の肉球を直撃することがあります。人間には届かないアスファルトからの反射熱も体高の低い犬にとってはダメージがあります。また、アスファルトの温度がさがっていても、マンホールや線路など、道路にある金属が高温になっている場合があります。散歩中に気づかず金属によるやけどをしてしまうこともあります。真夏の高温時には、早朝の散歩がよいでしょう。

真夏の高温で注意すること

真夏の暑さで室内でも愛犬を冷やしてあげたいという思いから、保冷剤をケージに入れて、愛犬が食べてしまうという事故が起きています。保冷剤には食べても安心なものと危険なものがあります。万が一、保冷剤を食べてしまった場合は、食べてしまった保冷剤を持って、すぐに動物病院へ行き、診てもらいましょう。
また、日中、仕事などで留守にすることの多い飼い主は、真夏の室内の温度管理を徹底する必要があります。「これくらいは大丈夫」と過信して30度以上の室内に長時間、犬を置いておいては危険です。エアコンの温度を適度に設定して愛犬がいる室内の気温を最適に保ちましょう。特に暑さに弱いサモエドや北方系の犬の場合には、注意が必要です。車中はさらに注意が必要です。車中は特に温度が上がります。短時間であったとしても車中による高温で犬が亡くなるという事故が相次いでいます。

水分補給と管理をしましょう

人間と同じように、真夏の散歩や日頃の水分補給は愛犬の命を支えるために必要な事です。散歩中は飼い主が気づいて水分を補給してあげる事が多いですが、日頃、室内での水分補給の状況を飼い主が管理してあげましょう。全然、水を飲んでいないようでしたら、愛犬からのシグナルです。お水の減り具合や実際に飲んでいる状況を管理してあげることが愛犬の健康状態を把握することにつながります。

あああああああTOPへ