愛犬はいつでも飼い主に語りかけている

犬の一生は、人よりも短く、その中でもより長く一緒に過ごすために愛犬の言葉に耳を傾けましょう。もちろん人の言葉は話しませんが、愛する飼い主に気づいてほしくて、さまざまなシグナルを飼い主に送っています。

カーミングシグナルを知っていますか?

カーミングシグナルとは犬の何気ない仕草にみられる合図で、無用な争いごとを避けたい為に、犬が冷静になるために発信するシグナルです。時には飼い主に自分の思っていることを伝えるカーミングシグナルの研究は現在でも進められていて、愛犬との良好なコミュニケーションをするために飼い主が知っておくと役立ちます。犬の思いを少しでも理解することができれば、ストレスの解消にもつながり、より長く愛犬と過ごすことができるのです。

代表的なカーミングシグナル

「あくびをする」
たかぶった気持ちをおさえたり、相手が興奮状態にあるのを静めようとするときに表れます。また不安な感情の表れであることもあります。人間に例えると深呼吸するという効果でもあります。「口や鼻をなめる」という動作も自分の感情をおさえるようなときに出てきます。

「頭をブルブルとふるわせる」
不快感やストレスを表しています。飼い主に無理矢理遊ばれた時や散歩中に苦手な犬に寄ってこられたときなどに出てきます。

愛犬のシグナルを感じてより幸せな愛犬生活を

飼い主がより多くのカーミングシグナルを知る事は愛犬のストレス解消につながります。犬も人間と同じく、もしくは言葉で伝えられる人間以上にストレスが体の異常につながります。
「今は、ちょっと触られたくないのかな?」「今は甘えたいのかな?」など犬の求めている事を理解することで、犬のストレスを減らし、より長く、より健康的な愛犬生活を過ごしていきましょう。
愛犬の健康な生活を作るのは飼い主しかいません。食事や運動の管理をするのは当たり前の責任ですが、それと同時に、犬にとってストレスのない環境をつくることも大切です。犬は主人を求めています。犬との主従関係をしっかりと作る事で、互いの信頼関係も生まれ、犬のシグナルがわかるようになります。常日頃から愛犬を観察して、良好な関係をつくることこそが健康な愛犬との充実した一生過ごすことにつながっていきます。

あああああああTOPへ