長く一緒に暮らすための動物病院とのつきあい方

愛犬と一日でも長く暮らしたいと思うのが飼い主の切なる思いです。そのために必要な動物病院とのつきあい方についてです。

健康診断は定期的に行いましょう

犬を飼うと、フィラリア予防やノミダニ予防、狂犬病注射など、定期的に動物病院を訪れる機会があります。動物病院が嫌いな犬も多くいますが、定期的に病院にいく事で病院に慣れさせ、また予防注射などで病院を訪れる際には健康診断も行ってもらいましょう。動物の専門家に診てもらうことは、飼い主が日頃の観察で見つけられる異常とは異なります。専門の先生に診てもらうことで早期に異常を発見し、治療することにもつながります。

動物病院の選び方

何かあったときのために、最短で行ける動物病院を調べておくことも大切です。かかりつけの病院と、近隣の複数の病院があると安心です。
定期的に動物病院を訪問することで、愛犬の状況を先生に知ってもらい、何かあったときの対処も任せられるように先生とのコミュニケーションをとっておくことも大切です。日頃の健康診断時などに、気になることを相談しておくことで、自分の愛犬を先生に知ってもらいましょう。また、かかりつけ病院以外にも近隣の動物病院を知っておく事で、緊急事態に対応できるようになります。

獣医の先生とのコミュニケーション

動物病院では、愛犬の気になることは何でも先生に相談して、情報を聞いておくことも大切です。多くの先生は、犬の病気に関することだけではなく、日頃の注意点やちょっとした役に立つ情報やヒントを教えてくれます。専門の先生による情報は飼い主にとってはとても役立ちます。大切な愛犬との幸せな暮らしを続けるために、自己流で調べた事だけではなく、時折プロの先生に、現在飼っている愛犬固有の問題などを相談することで、その犬にあった生活スタイルを飼い主が作っていくことも必要です。かかりつけ獣医の先生は病気を直すだけではなく、飼い主とそのようなコミュニケーションをとってくれて、小さなことでも親身になってくれる先生を探しましょう。

あああああああTOPへ